幻の高来そばを食べてきた!香り高くコシあるお蕎麦にやみつきになりそう!




2018年12月2日(日)諌早市の高来総合グラウンドにて毎年恒例の「新そばまつり」が開催されました。

幻のそばといわれる「高来そば」を食べてきましたので、レポしたいと思います!

新そばまつり2018へGO!

去年のデータだと約4000人が訪れ、即完売したと聞いていたため、イベント開始時間10時に間に合うように早めに行きました。

9時50分頃会場に到着しましたが、すでに会場には人がいっぱい!

まだ販売スタートしていないにもかかわらず、長蛇の列ができ始めています。

そばのメニューは以下2種類です。

  • どろりそば(500円)
  • かけそば(500円)

売り切れ次第終了とのこと。

食券が売られていますので、事前に購入します

かけそば・どろりそばは、別々に配られるため、札がかかっている場所に並びます。

列に並び待つこと約15分ほど、そばが配られ始めます。

念願の幻の高来そば!

どろりそば

こちらは、名物「どろりそば」です。

どろりそばとは、打ち立てのそばをゆで、そば粉が溶け出してどろりとしたゆで汁と(そば湯)と、麺(水にさらさない)を一緒に入れ出来上がるお蕎麦です。

醤油を少々入れ、柚子胡椒、ネギをお好みでトッピングし頂きます。

一般的のお蕎麦は「そば粉8:うどん粉2」で作られますが、高来そばはそば粉のみで作られています。

そのため香り高く、そばそのもの味を楽しむことができるとのこと。

確かに見た目も色濃く、普通のお蕎麦よりも、太くて濃厚‥!

コシがあって、これまで食べたかけそばとは一味違い、美味しい!

確かに、最後の方、汁が濃くて最後まで飲みきれませんでした。



かけそば

どろりそばは、筆者個人としては美味しかったですが、濃厚なため苦手だという方もいるそう。

そんな方におすすめなのが「かけそば」

どろりそばに比べ、麺が細く色が少し薄めです。

こちらもコシがあって美味しい‥!

そばよりうどん派なのですが、お蕎麦もおいしいんだなぁと感じる一品でした。

そばのガレット

そば粉で作られた「ガレット」も販売されていました。

生地がもちもちしていて、中の玉子が半熟で美味しかったです。

あっという間にぺろりと食べてしまいました。



幻の高来そばはどこで食べられる?

現在(2018年12月2日)のところ、高来そばを気軽に食べられるお店はないとのこと。(残念‥!)

しかし、来年には常時食べられる食事処をオープンさせる予定だとのことです。

【追記】2019年3月20日(水)に食事処オープンの予定とのことです。

【諫早市】幻の高来そば食事処 2019年3月20日オープン!ここでしか食べられない幻のそば!

2019.03.15

オープンまで待てない!今すぐに食べたい!という方は、生産者の方のHPにて購入することもできます。

幻の高来そば購入HPへ

まとめ

諌早市の高来といえば、日本名水100選にも選ばれた「轟渓流」がありますので、普通のおそばとは一味違ったお蕎麦を作ることができるようです。

筆者は、そばよりうどん派であり、そばにあまり興味がないタイプだったのですが、今回高来そばを今回食べて、もう一度食べたいなぁと思いました。

来年には常時食べられるお店ができるとのことで、一緒に今回祭りに行ったそば好きの父も絶対に食べに行く!と今からとても楽しみにしていました。

お店につきましては、情報が分かり次第、読者の皆様にもお伝えしたいと思います。

【追記】2019年3月20日(水)に食事処オープンの予定とのことです。

【諫早市】幻の高来そば食事処 2019年3月20日オープン!ここでしか食べられない幻のそば!

2019.03.15

スポンサーリンク
スポンサーリンク